お知らせ

龍一齒科に動物たちがやってきた

2016-08-08

龍一齒科に動物たちがやってきた。

小さいからどこにいるか見つけてね。

DSC_0044 DSC_0049 DSC_0051 DSC_0052 DSC_0055

おたっしゃ大学講演

2016-08-03

8月2日碧南市役所にて「おいしく楽しく元気なお口で健康に」というタイトルで

主に摂食嚥下またその障害について講演させていただきました。

市民の方が89名ぐらい聞きに来られたということで、スタッフの方によるといつもより多くの方が来られたということです。

熱い最中、ありがとうございました。

皆様の健康のための一助になればと願っております。

インビザラインについて

2015-12-17

インビザラインシステムのメリット

目立たない―インビザライン・アライナーは透明に近く目立たないため、装着していることがほとんどわからず、見た目によるストレスを感じません。

取り外しができて衛生的―食事や歯みがきの時はアライナーを取り外すことができるため、普段どおりに歯のお手入れができ、口腔衛生を健康な状態に保つことができます。

口腔内トラブルが少ない―ワイヤーやブラケットを使用しないため、口の中の違和感が少なく、矯正装置が外れてしまうなどのトラブルの可能性も少なくなります。

 

衛生士の研修生の受け入れ

2015-10-28

衛生士の研修生が2人、10月5日より研修に当院に来ております。

とてもいい子たちで、頑張っておりますので研修生がドクターや衛生士の隣に付いた折には

なにとぞ暖かく見守ってくださいますようお願いいたします。

 

マイオトレーナーの効果

2014-12-19

CIMG1241

予防的歯科矯正治療の一つの装置としてマイオトレーナーがあります。

大きな特徴は歯に対して直接的に力をかけるのではなく、周りの筋肉のバランスをとり、悪習癖の改善をし

上下の顎の位置関係を整えることです。

そのことにより、周りの筋肉が整い、悪習癖が改善され、上下の顎の位置関係が整えば

歯は自然と正しい位置に並びます。

ですから、マイオトレーナーを入れて、まわりの筋肉の使い方や舌の動かし方や普段の位置づけ

何より口がポカンと空いている状態を改善するためのちょっとした訓練をします。

実は今回、マイオトレーナーを入れて1ヶ月ぐらいの子のお母さんが「鼻が治ったんです。」と喜ばれ報告されました。

「今まで、季節の変わり目や、寒くなると鼻をズルズルしてた子がまったくなんともなくて、耳鼻科に行ってないんです。」

鼻炎や鼻づまりだから鼻で息がしにくく、口で息をしてしまうのではなく

口がいつも開いて、口で息をするから、鼻炎や鼻づまりになるということを今まで説明させていただきましたが

それが証明されたような気がしました。

お母さんもちょっとびっくりされていて、こちらも1ヶ月でそれなりに効果が出ることは

それはそれで少し驚いて、でも本当によかったです。

あのうごめいているのはなんだ?

2014-11-19

みなさん、プラーク(歯垢しこう)の正体をご存知ですか?

ここにお見せするビデオはお口の中のプラークを採取して

それを位相差顕微鏡で見たものです。

お口の細菌(youtube)

こんなにうごめいているものがいるのですよ。

これが虫歯の原因であり、歯周病の原因なんです。

しっかり、プラーク除去してくださいね。

分からないことは何なりと聞いて下さい。

 

Webより当日予約が可能になりました

2014-11-18

これまで、システム上の不安点からWebからは予約受付期限が3日前までになっておりました。

システム上の不安が解消されたため、当日の予約が可能となりました。

もちろんお電話でのご予約、ご相談も随時受け付けております。

どうぞ、お気軽に、Webからもお電話でもお問い合わせください。

龍一歯科 ☎ 0566-42-6410

Web予約サイト

初診・再初診の方はこちらから→

治療中の方はこちらから→

歯科プロナビに掲載されました。

2014-11-15

歯科プロナビに掲載されました。

歯科プロナビページはこちら→

龍一齒科ウェブページリニューアル記念キャンペーン

2014-10-29

「龍一齒科の新しいサイト見たよ」と言っていただければ

エステメニューのすべて10%OFF。(11月29日まで)

デンタルエステクリーンティースのFacebookページにクーポンがあります。

デンタルエステクリーンティースのFacebookページはこちら

 

フッ化物塗布は無料

2014-10-28

10月1日より、フッ化物塗布は無料になりました。

むし歯の治療をするより、むし歯にならないようにするために、どう社会に貢献できるかこれからも考えていきます。