矯正歯科

矯正歯科 ORTHODONTICS

矯正歯科

歯並びが悪い、歯が正しくかみ合わない状態を、専門的に「不正咬合」といいます。この不正咬合の状態が続くと、歯並びが悪い事からくる、見た目の問題もさることながら、カラダの健康にまで影響が出ることがあります。矯正治療は歯並びやかみ合わせを整える事で、さまざまな健康面の障害を予防し、見た目と心身の健康を増進させる治療です。

不正咬合には出っ歯(上顎前突)、すきっ歯(歯間離開)、受け口(反対咬合)、八重歯(叢生)など様々な状態があります。このようなそれぞれの患者さんの状態に合わせた方法で顎と歯をコントロールし正しい位置へ戻るように矯正を行います。

一般的に矯正治療には歯に器具を取り付ける事から痛みや違和感を感じることがあります。
また治療が長期間にわたる事が受け入れにくいと感じる方が多いと思います。龍一歯科ではこのような思いを軽減できるように、最新の治療方法として「デイモンシステム」を採用しております。デイモンシステムとは従来の矯正治療より痛みが少なく、短期間で来院回数が少なくて済む治療方法です。
(痛みや治療期間には個人差があります)

デイモンシステム

デイモンシステム ハイテクブラケットと最先端ワイヤーにより歯列矯正に最適な力を実現。

デイモンシステムとはアメリカで開発された最新の矯正治療システムです。ハイテクブラケットと最先端ワイヤーにより歯列矯正に最適な力を実現。従来の矯正治療装置より「痛みが少ない」「治療期間が短くてすむ」というメリットがあり多くの患者様にも喜ばれています。
(矯正装置の審美性を高めた白く目立たないタイプもあります。)

・従来の矯正治療装置との比較
従来のシステムとデイモンシステムの比較
従来のシステム
従来のシステム 従来の矯正はワイヤーで歯一本まるごと結紮する。

従来の矯正はワイヤーで歯一本ごと結紮するため、強い力が掛かり、歯にも歯茎にも負担が大きい。

デイモンシステム
デイモンシステム 細い形状記憶合金が元に戻ろうとするしなやかな力を利用する。

デイモンシステム矯正は、細い形状記憶合金が元に戻ろうとするしなやかな力を利用しており、歯の負担最初限にし効率的に矯正治療を行えます。

子供の矯正治療(予防的歯科矯正)

子供の矯正治療(予防的歯科矯正)

当医院では永久歯(大人の歯)がそろってからの矯正治療だけでなくできるだけ早い段階で矯正治療(予防的な矯正治療)をはじめ、永久歯(大人の歯)になるころには矯正治療が完了できるような予防的矯正治療システムも使用しております。
「永久歯(大人の歯)が生えそろうまで様子を見ましょう」と言われたもののお子さんの歯並びが不安で、心配と思われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

ご相談は無料です。とにかく不安や心配事は解消してください。

※歯並びの状態、顎の状態によっては、すべての方に予防的矯正治療が適応できるわけではありませんが、その場合も最適な治療方法のご提案はさせていただきます。

ちょっとでも不安に思われたら、できるだけ早めにご相談ください。

◆予防的矯正治療とは・・・顎の成長を正しい方向、上下の顎のバランスを正しい方向に持っていく(顎機能矯正)という考え方。

【良い点】

1.開始時期を早く設定でき、ほぼ小学児童期頃までに終了できる。
(受験や部活やその他大きな行事の時に矯正中という事を避けられる。)
2.痛みが少ない。
3.来院回数が少なくて済む。
4.一回の治療時間が短くて済む。
5.プラークコントロール(歯磨きがしやすい)がしやすい。

【悪い点】

1.混合歯列期(12歳ほどまで)が適応。
2.矯正装置を入れていなければ効果はない(本人のやる気が必要)。

ムーシールド

ムーシールド 主に低年齢の子供の受口(反対咬合)の治療に使用されます。

主に低年齢の子供の受け口(反対咬合)の治療に使用されます。就寝時にマウスピース型の矯正装置を咥えるだけで症状が改善されます。
直接、歯に人工的な力をかけるのではなく、あくまでも自然な顎の成長を促し上下の顎の調和を回復する矯正治療です。

ビムラー

ビムラー 主に就寝時のみに使用する取り外しができる矯正装置です。

小中学生の矯正治療の場合、ブラケットやワイヤーなど常に歯に装着しているタイプの矯正装置を望まれない場合もあります。

この装置も主に就寝時のみに使用する取り外しができる矯正装置です。自然な顎の調和を回復する矯正治療です。

バイオネーター

バイオネーター 上顎前突や深い咬み合わせの改善のため使います。

上顎前突や深い咬み合わせの改善のため
使います。歯列の幅を広げる効果もあります。

バイオネーター 咬み合わせた時の状態です。

かみ合わせた時の状態です。

バイオネーター 上から見たところ。

上から見たところ。

リップバンパー

リップバンパー 6歳臼歯を奥へ移動させるのに使います。

6歳臼歯を奥へ移動させるのに使います。

プリフィニッシャー

プリフィニッシャー 正面 かみ合わせの高さを維持するために使ったり、正中線の改善のために使います。
プリフィニッシャー 側面 かみ合わせの高さを維持するために使ったり、正中線の改善のために使います。

かみ合わせの高さを維持するために使ったり、正中線の改善のために使います。


またブラケット・ワイヤーなどの矯正治療の仕上げ段階、保定期間に使用したりします。
精密なかみ合わせの仕上げができます。

マイオレーナー

マイオレーナー 口呼吸、間違った舌の位置と機能、呑み込みの時の間違った筋肉の使い方を改善します。
マイオレーナー 装着例 口呼吸、間違った舌の位置と機能、呑み込みの時の間違った筋肉の使い方を改善します。

子供の歯並びを悪くしている原因は何でしょうか?
軟組織機能障害(口呼吸、間違った舌の位置と機能、呑み込みの時の間違った筋肉の使い方など)は、顎と顔貌の発育を抑制し、不正咬合の原因となります。トレーナー、マイオブレースはこういった問題のある習癖を改善し、本来持っている正しい発育を促すことにより、不正咬合を自然と治していく矯正装置です。

「口呼吸の問題」詳しくはコチラ

お問い合わせはこちら